お問い合わせ

>> TOP > 製品インデックス > 専用ボード > PWM信号発生器

PWM信号発生器

[DT-1100]

インバータを制御するのゲート信号を生成します。

概要

DT-1100はリアルタイムシミュレータLT-RTSim-IIに実装可能なPCI・BUS 対応のPWM制御ボードです。パワーエレクトロニクス分野で必要となるPWM制御をMATLAB/Simulinkモデルの中で実現することが可能となり ます。DT-1100をモデルに組み込むためにSimulinkのブロックライブラリを用意しており様々な制御モデルの研究・開発にご利用いただけます。
 
 DT-1100はキャリア波は三角波/鋸波の2種類があり、ゲート制御方式は2レベル/3レベルの2種類があります。スイッチングデバイ スへの制御信号は単相×6回路、あるいは3相×2回路を構成できます。そして各相の上下(正負)アームのスイッチングデバイスへのゲート信号に時間差を与 えるデッドタイム回路も内蔵しています。また各相のキャリアの周波数も1Hz〜1MHzまで1Hz単位で任意に設定可能です。最大分解能は(50MHz/ キャリア周波数)の分解まで得ることができます。
 
 指令値はモデルの中で制御サイクル毎にDT-1100に与えられ、DT-1100は指令値に応じ た幅のパルスがスイッチングデバイスへのゲート制御信号として出力されます。そしてデッドタイム、キャリア周波数は各PWM出力チャンネル毎に任意に設定 することが可能となっています。またキャリア周波数についてはシミュレーション中にも変更可能です。
 

 

Mywayプラス(株)製インバータとのインターフェスを簡単に行うことができる製品を提供しています。

 

仕様

DT-1100 仕 様
ボード PCI-BUS
ライブラリー Simulinkブロックライブラリー
キャリア波 三角波、鋸波
指令値分解能 最大50MHz/キャリア周波数
デッドタイム 0〜1Sec、分解能:10nSec
キャリア周波数 1Hz〜1MHz、設定分解能:1Hz
シミュレーション中に周波数を変更可能
各PWM出力毎に設定可能
PWM制御信号数 3相×2回路、または、単相×6回路
ゲート出力OFF制御 +/-アームのゲート信号をOFF可能
イベントパルス 1出力、キャリア波形の任意の位置
(A/D変換開始信号)
イベントパルス
対応のA/D
DI-3120:12bits、DI-321012
DM-670:14bits、DI-3178:16bits
モデル制御方式 イベントドリブン可能
篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若