お問い合わせ

>> TOP > 製品インデックス > ユニット > RTSim A/D&D/A UNIT

RTSim A/D&D/A UNIT

[DT-1021]

アクセラレータ(DT-1020)に接続可能なA/D&D/Aユニットで12bit A/Dコンバータ×8chと16bitD/Aコンバータ×8chを搭載しています。

概要

  A/D&D/Aユニット(DT-1021)はアクセラレータ(DT-1020)に接続可能なA/D&D/Aユニットで12bit A/Dコンバータ×8chと16bitD/Aコンバータ×8chを搭載しています。また1台のアクセラレータに対し最大8台までのA/D&D/Aユニット の接続が可能です。DT-1020からDT-1021へのアクセスは0.1μSecと高速であり、μSecのリアルタイムシミュレーション周期を実現する ために必須の入出力装置です。高速な応答速度が要求されるコントローラのRapid Prototypeや制御対象としてのHILSの開発に最適です。
DT-1021のA/D、D/AをSimulinkのモデル作成で使用するためにブロックライブラリとコード生成機能を持つRTSim-ViewEXを用 意しています。

・A/Dコンバータは12bitの分解能を持ち、2Mサンプル/秒×8ch同時サンプリングが可能です。入力電圧レンジは±10Vです。
・D/Aコンバータは16bitの分解能を持ち、2Mサンプル/秒×8ch同時出力も可能です。出力電圧レンジは±10Vです。
・アクセラレータ(DT-1020)との通信は送信LVDS×11ch、受信LVDS×11chの双方向で行い13.2G

 

BPSの非常に高速な通信が可能 です。

 

 

 

DT-1021の構成図

 

 

 

 

リアルタイムシミュレータ システム構成図

 

仕様

篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若