お問い合わせ

>> TOP > 製品インデックス > ユニット > FPGAユニット

FPGAユニット

[DT-1080]

ユーザーがFPGAロジックを自由に改変可能な拡張ユニットです。

 

概要

DT-1080 FPGAユニットは、ユーザーがロジックを自由に改変できるFPGAを搭載しています。

LVDSの高速通信インタフェースを通して、DT-0006 RTSim-III及びDT-0007高速コントローラとリアルタイムに通信を行いながら動作させることが可能です。

マイコン等のソフトウェア処理では実現できない高速な演算や、独自のハードウェアインタフェースを作成したい場合に最適な製品です。

 

本製品はIntel社のDSP Builderに対応しており、ユーザーがHDL(ハードウェア記述言語)をプログラミングすることなく、SimulinkモデルでFPGAロジックを実装することが可能です。

また回路シミュレーションはSimulink、実機検証は弊社リアルタイムシミュレータ用のGUI(スコープ、デジタルメータ等)を使用できるため、効率的にデバッグ作業を行うことが可能です。

 

特徴

【FPGAを改変可能】
内部に搭載されたIntel社の大容量FPGA(301K ロジックエレメント)をユーザーが自由に改変可能。
 
【HDLのプログラミング不要】
Intel社のDSP Builderを使用することにより、HDLのプログラミングが不要。 Simulink上でFPGAのロジック設計及び回路シミュレーションが可能です。
 
【柔軟性の高いデバッグ機能】
FPGA回路のデバッグをスコープやデジタルメーター等、グラフィカルなユーザーインタフェースを使用して行えます。
 
【高機能なI/Oにも簡易的に接続可能】
高性能なA/D、D/Aボードとい内部のFPGAから制御できるI/Fが付属。ユーザーが設計したFPGAの回路から制御できます。
 

仕様

開発ツール:Simulink DSP Builder、Quartus Prime
FPGAデバイス容量:301Kロジックエレメント
DIO:入力 16bit、出力 16bit
A/D、D/A:50Msps、 最大各8ch(アナログI/Oはオプション)
MATLAB対応バージョン:R2017b(その他のバージョンについては現在開発中)
篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若