お問い合わせ

>> TOP > 製品インデックス > リアルタイムシミュレータ(本体) > RTSim-III

RTSim-III

[DT-0006]

MATLAB/Simulinkモデルが実時間で動作するリアルタイムシミュレータです。

 

特徴

モデルベース開発におけるラピッドプロトタイピング(*1)及びHILS(*2)システムとして使用できるリアルタイムシミュレータです。

 

【MATLAB®/Simulink®(*3)モデルでの実装】

MATLAB/Simulinkで作成したシミュレーションモデルを、Simlink Corderを介してプログラミングレスでリアルタイムシミュレータに実装可能

試作コントローラ、コントローラの試験環境を短時間で構築、仕様変更可能

 

【スペック】

最高約50μs周期でモデルを高速に実行(動作速度はモデルの規模に依存します)

 

【再現性】

意図的な故障など、実機では難しい試験をモデルで安全に再現可能

 

【モータ制御アプリケーションに対応】

3相PWM発生器、レゾルバ変換機、エンコーダインタフェース等、モータ制御に必要なユニットを用意

 

【*1】Lapid Prototype

【*2】Hardware in the Loop Simulation

【*3】MATLAB、Simulink、Simulink CorderはMathWorks社の登録商標です。 

 

概要

 

リアルタイムシミュレータRTSim-IIIはMathWorks社のMATLAB/Simulinkで作成したシミュレーションモデルをステップサイズに基づいた実時間(リアルタイム)で動作させることができます。またモデルへの外部入力(A/D、DI等)やモデルからの外部出力(D/A、DO等)も実時間処理が可能です。

コントローラとしてのラピッドプロトタイプや制御対象としてのHILSとして使用することが可能です。

 

RTSim-IIIには下記の様な入力/出力を行うハードウェアが用意されており、それらの入力/出力ハードウェアはSimulinkモデルで動作するブロックライブラリを提供しています。

1) A/D変換・D/A変換、DI/O(TTL・オープンコレクタ・フォトカプラ)、

   UP/DOWNカウンター、CAN

2) PWMボード(FPGA)、モータシミュレーションユニット(FPGA)

3) レゾルバ変換器、レゾルバ模擬信号発生器、インバータインターフェースユニット

 

付属のモニタリングツールを使用することにより下記のようなリアルタイムシミュレータ制御が可能です。

1) リアルタイムモデルのダウンロード、リアルタイムシミュレーションの開始・停止

2) リアルタイムシミュレーション中のスコープのモニタリング

3) パラメータチューニング

4) ステップサイズの変更

5) ステップサイズ内のモデル計算に要するCPU消費時間の計測および表示

6) 積分アルゴリズムの選択

7) ロギングデータの表示とセーブ

 

主な用途として、以下のようにコントローラの試作(ラピッドプロトタイピング)及びコントローラ試験環境(モータHILS)として使用することができます。

 

 

 

仕様

 

モデル実装方法:Simulink Corder

入出力ボードスロット:10スロット

ホストPCとの接続:イーサネット

MATLAB対応バージョン:R2007b〜R2012a、R2017b(現在開発中)

ホストPCのOS:Windows 10

サイズ:W:431×D:370×H:149[mm]

電源:AC100V 250W

 

 

篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若