お問い合わせ

>> TOP > サポート情報 > LT-RTSim-Panel

LT-RTSim-Panel

本ソフトウェアは、弊社製リアルタイム・シミュレータで実行するリアルタイム実行コードを実行するための、 操作パネルを提供します。

本ソフトウェアを使用することでユーザは、アプリケーションを作成すること無くリアルタイム実行モデルの、 パラメータ操作や、ブロックの出力をモニタリングするためのGUIを、本ソフトウェアで提供されている部品を 画面に配置するだけで、簡単に作成することが可能となります。


ダウンロード・ファイルの利用方法、および、セットアップの方法は こちら を参照してください。

本ソフトウェアを使用するためには、次の環境が必要となります。
リアルタイム・シミュレータ LT-RTSim-II
MATLAB環境 MATLAB R006a、R2006b、R2007a、R2007b、R2008a、R2008b、R2009a、R2009b、R2009bSP1, R2010a, R2010b, R2010bSP1, R2011a, R2011b, R2012aのいずれか1つ
対応OS Windows XP、Windows 7(32bit)
さらにサポート・ソフトウェア内のランタイム・ライブラリが必要となります。
詳細につきましては、セットアップの方法を参照してください。

リリース番号 5.16
更新内容

 スコープ詳細表示の機能を追加

ダウンロード

LTSP516.zip
(124784 KBytes)

リリース番号 5.15
更新内容

 Presetからのパラメータ変更時にエラーが発生して停止する問題を修正。

ダウンロード

LTSP515.zip
(123150 KBytes)

リリース番号 5.14a
更新内容

スコープに下記機能を追加

----------------------------------------------------------------------

実行中でのY軸レンジ変更及びオートスケール機能
Y軸目盛間隔設定機能
表示データの小数点以下表示桁数選択機能
Y軸単位表示位置変更
タイトルフォント変更機能
グリッド表示色変更機能
ダウンロード

LTSP514A.zip
(123176 KBytes)

リリース番号 5.11
更新内容

 既存のパネルをオープンした状態で新規作成を行うと、パネル内に配置された部品の表示順序のデータが破損してしまう問題を修正。

ダウンロード

LTSP511.zip
(117478 KBytes)

リリース番号 5.10
更新内容

 複数のスコープで同期してデータをモニタリングする機能を追加。

スコープのデータ点数が2000点以上を設定するとエラーが発生する問題を修正。
ダウンロード

LTSP510.zip
(117476 KBytes)

リリース番号 5.09A
更新内容

バージョン表記の変更漏れを修正。

シグナルリセット機能を追加。
モデルバージョン不一致時のエラーメッセージが正しく表示されない問題を修正。
シグナル設定していない部品が意図しない動作をする問題を修正。
ダウンロード

LTSP509A.zip
(5377 KBytes)

リリース番号 5.08
更新内容

 モデル変更時のシグナル設定初期化処理を修正。

ダウンロード

LTSP508.zip
(117424 KBytes)

リリース番号 5.07
更新内容

ステータス表示機能にロード中を示すメッセージを追加。

ダウンロード

LTSP507.zip
(117424 KBytes)

リリース番号 5.06
更新内容

ボリュームのメモリ指数表示の不具合を修正。

スライダー、ボリュームで出力値が一定以上になると不定値になる問題を修正。

ダウンロード

LTSP506.zip
(224941 KBytes)

リリース番号 5.05
更新内容

セレクタ機能を追加。

部品ウィンドウを開くとエラーが発生する問題を修正。

ダウンロード

LTSP505.zip
(117424 KBytes)

LT-RTSim-Pabelのセットアップ手順

1.ダウンロード・ファイルの展開
ダウンロード・ファイルは、ZIP形式の圧縮ファイルとなっています。
ファイルを展開するためには、ZIP形式のファイルを展開するためのツールが別途必要とないります。
ZIPファイルを展開すると、次のフォルダーが作成されます。
 RTSim-Panel
  +- SETUP  -- セットアップ・プログラム
  +- ReadMe -- ReadMe

新規にセットアップを行う場合には、手順2.「旧ソフトウェアの削除」は必要ありません。
2.旧ソフトウェアの削除
新しいバージョンのサポート・ソフトウェアのセットアップを行う前には予め、 旧RTSim-Panelの削除が必要となります。
「アプリケーションの追加と削除」より、RTSim-Panelの削除を行ってください。

3.RTSim-Panelのセットアップ
展開されたフォルダー直下の"RTSim-Panel\SETUP"フォルダー内にある、"LT-RTSim-Panel_Setup.msi"を実行します。
セットアップ・プログラムが開始されますので、プログラムの指示にしたがって セットアップを行ってください。
セットアップに必要な環境などの情報は、"RTSim-Panel\ReadMe"フォルダー内にある、"ReadMe.txt"を 参照してください。
篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若