お問い合わせ

>> TOP > サポート情報 > 旧サポート・ソフトウェア

旧サポート・ソフトウェア

本ソフトウェアは、弊社製リアルタイム・シミュレータに実装されたI/OカードをSimulink上で利用するための ブロックI/Oライブラリと、Real−Time Workshopで、弊社リアルタイム・シミュレータ上で実行可能な リアルタイム実行コードを生成するためのシステム・ターゲット・ファイルを提供します。

また、弊社リアルタイム・シミュレータ上で動作するリアルタイム実行コードのモニタリングや、パラメータのチューニング 等を行うモニタリング・ツール(LT−RTSim−View)を提供します。


ダウンロード・ファイルの利用方法、および、セットアップの方法は こちら を参照してください。

本ソフトウェアを使用するためには、次の環境が必要となります。
リアルタイム・シミュレータ LT-RTSim、または、LT-RTSim-II
MATLAB環境 MATLAB R11.1(5.3 SP1)、R12.1(6.1)、R13.0(6.5)、R13.1(6.5 SP1)のいずれか1つ

リリース番号 1.00
更新内容

ファームウェア・ダウングレードツールは、新しいサポート・ツールに統合されました。

 シミュレータ本体のファームウェア・ダウングレード用ツールを公開しました。

本体ファームウェアのダウングレードが必要な場合にご利用ください。

本ツールを使用することで最新のファームウェアのシミュレータ本体を、旧バージョンのファームウェアにダウングレードすることが可能となります。

旧 MATLAB バージョンでシミュレータを利用する必要が発生した場合などにご使用ください。

本ツールの対応バージョンは、サポート・ソフトウェアの Release 5.02B となります。

リリース番号 3.24
更新内容

 DI-6202 カウンター入力ボードの電圧入力時における、電圧コンパレータの比較電圧設定ツールを追加しました。

ダウンロード

LTSV324.ZIP
(39583 KBytes)

リリース番号 3.23C
更新内容

カード(DI-3120、3178)複数枚をイベント駆動で使用している時、イベント駆動に設定されていないカードのデータが、正しく読み込めない問題を修正。

ダウンロード

LTSV323C.ZIP
(39584 KBytes)

リリース番号 3.23B
更新内容

ファームウェア更新ツールの問題点(ネットワーク・ドライブ上で動作しない、バージョン表示が正しくない)を修正。

リリース番号 3.23
更新内容

カード(DT-9014)への対応。

リリース番号 3.22C
更新内容

カード(DT-1020、DT-19001)への対応。

"dtlist"の表示問題を修正。

ファームウェア更新手順書の追加。

リリース番号 3.22B
更新内容

カード(DT-9013)への対応。

モデル情報生成ツール(Signal.exe)の動作を改善。

リリース番号 3.22A
更新内容

同一型式のカードをカードIDを0以外から始めてシミュレータに実装した場合において、"dtlist"コマンドのリビジョン表示が乱れてしまう問題を修正。

リリース番号 3.22
更新内容

カード(DT-9009)への対応。

リリース番号 3.21E
更新内容

MATLAB 6.1、6.5環境下でRTSim-Viewを使用する場合において、リアル・タイム実行を繰り返し行った場合(新規モデルのロードを行わずに、シミュレーションの開始で繰り返し実行を行う)に複数回モデルの実行を行うと、エラーが出て二度とモデルの実行ができなくなる(ただし、新規モデルでロードし直すと問題が解決)問題を修正。


サポート・ソフトウェアのセットアップ手順

1.ダウンロード・ファイルの展開
ダウンロード・ファイルは、ZIP形式の圧縮ファイルとなっています。
ファイルを展開するためには、ZIP形式のファイルを展開するためのツールが別途必要となります。
ZIPファイルを展開すると、次のフォルダーが作成されます。
 RTSim-View
  +- SETUP  -- セットアップ・プログラム
  +- UPDATE -- ファームウェア・アップデート・ツール
  +- RUNTIME -- ランタイム・ライブラリ

新規にセットアップを行う場合には、手順2.「旧サポート・ソフトウェアの削除」は必要ありません。
2.旧サポート・ソフトウェアの削除
新しいバージョンのサポート・ソフトウェアのセットアップを行う前には予め、 旧サポート・ソフトウェアの削除が必要となります。
「アプリケーションの追加と削除」より、サポート・ソフトウェアの削除を行ってください。

3.サポート・ソフトウェアのセットアップ
展開されたフォルダー直下の"RTSim-View\SETUP"フォルダー内にある、"Setup.exe"を実行します。
セットアップ・プログラムが開始されますので、プログラムの指示にしたがって セットアップを行ってください。

4.ファームウェアの更新
続いてシミュレータ本体のファームウェアを更新する必要があります。
シミュレータ本体とPCをケーブルで接続し、シミュレータの電源を投入してください。
展開されたフォルダー直下の"RTSim-View\UPDATE\xxxxx"フォルダー内にあるファームウェア更新ツール"RTSIMUP.exe"を実行します。
ホストPCのタイプにより、"RTSim-View\UPDATE"フォルダー内の適切なホルダー下の"RTSIMUP.exe"を実行してください。
ホストPCがデスクトップ型の場合には"DESKTOP"を、ノート型の場合には"NOTE"を選択してください。

5.バージョンの確認
バージョンを確認するために、MATLABを起動します。
MATLABが起動したら、MATLABのコマンド・ウィンドウ上で次のコマンドを実行します。
 dtver
ソフトウェアの更新が全て正常に終了した場合には、ライブラリとファームウェア共に同じバージョンが表示 されます。


ダウングレード用ツールの使用方法

1.現在のファームウェアのバージョンを確認
現在のファームウェアのバージョンを確認します。
ファームウェアのバージョンの確認方法は、サポート・ソフトウェアのセットアップ手順を参照してください。

2.ダウングレード用ツールのダウンロード
ファームウェアのバージョンに適合するダウングレード用ツールをダウンロードしてください。
現在のファームウェアのバージョンに適合するダウングレード用ツールが見つからない場合には、 適合するバージョンのファームウェアに一度アップデートした後にダウングレード用ツールを実行します。
ダウングレード用ツールのファイル名は、LTSVDGxxxx.ZIP となります。
xxxx の部分が適合するサポート・ソフトウェアのバージョンとなります。

3.ダウンロード・ファイルの展開
ダウンロード・ファイルは、ZIP形式の圧縮ファイルとなっています。
ファイルを展開するためには、ZIP形式のファイルを展開するためのツールが別途必要となります。
ZIPファイルを展開すると、次のフォルダーが作成されます。
 RTSim-Downgrader
   +- ReadMe -- 使用方法の手引き
   +- DESKTOP -- デスクトップ・タイプのホストを利用した場合のダウングレード用ツール
   +- NOTE  -- ノート・タイプのホストを利用した場合のダウングレード用ツール

4.シミュレータとの接続
ホストとシミュレータを MEM-LINK ケーブルで接続し、シミュレータ本体の電源を投入します。
(シミュレータが完全に起動するために5分ほどお待ちます。)

5.ダウングレード用ツールの実行
ホストのタイプに合ったダウングレード用ツールを実行し、画面に表示される指示に従ってファームウェアのダウングレードを実行します。

篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若